商品検索

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
I-MAGICサロン
祝日:発送休業
 
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
第2回:アイマジックマルシェ
              
カテゴリー


新入荷商品

マンスリーセール

特別処分品

ベスト・セラーズ

Coming Soon

初心者向けアイテム

一般会員限定

プラチナメンバー限定

お手頃プライス品!

オリジナル商品& 独自サービス付商品

ダウンロード販売

お取り寄せ商品

サンプル品提供


カード
レギュラーデック各種
トリックカード各種
パケットトリック
カード当て
別素材カード当て
その他の現象
テンヨー製品

コイン
レギュラーコイン
コイントリック&ギミック
Tango社製品
テンヨー製品

その他クロースアップ
ワレット・パース
ペン
カップ&ボール
スポンジ製品
テンヨー製品
その他

DVD
カード
コイン
紙幣
輪ゴム
ロープ
メンタル
メタルベンディング
スレッド
オムニバス
ステージ&サロン

ファイヤー

メンタル
& サイキック

ステージ・サロン
カード
シルク
ロープ
マニピュレーション
プロダクション
フラワー&くす玉
タマゴ
キッズ&コメディー
イリュージョン
消耗品&基本用具
その他

アクセサリー
カード関係
コイン関係
サムチップ関連
ウォンド&マット
スレッド&ワックス
BGM用CD
その他

ジョークグッズ
マジック
オモチャ

書籍&レクチャーノート
洋書(お取り寄せ)

メーカー別
【日本国内】
ドクターレオングッズ
UGM 製品
マジックランド
フォーサイト
ATTO
(益田克也製品)
クライス社
スクリプトマヌーバ
(日本語字幕DVD)
マジック・エフェクト
(藤原邦恭製品)
テンヨー製品
DPグループ
菅原茂 作品
マンスリー マジック レッスン

【海外】
フーラー・ドゥーラー
(ダロー)
JB マジック
(マークメイソン)
ペンギン マジック
ジェイ・サンキー
アルド・コロンビーニ
アンドリュー・メイン
セオリー11
マジックスミス
イーガル・メシカ
マジック・メーカー
カード・シャーク
ワールドグレイテストDVD
At The Table DVD

ディーラー専用




 
 
 
   メーカー別 > マンスリー・マジック・レッスン > カズ・カタヤマのステージ・サロンマジック入門講座 第11巻〜本格スライハンド 四つ玉編!〜
 
 
 
前の商品 カズ・カタヤマのステージ・サロンマジック入門講座 第11巻〜本格スライハンド 四つ玉編!〜 次の商品
 
 

カズ・カタヤマのステージ・サロンマジック入門講座 第11巻〜本格スライハンド 四つ玉編!〜

 
価格 : 3,600 円(税込3,888 円)
数量
 
 
 
 

カズ・カタヤマ氏による
「ステージ・サロンマジック入門講座」の第11巻。
今回はいよいよ本格的な「四つ玉」を取り上げます。


「四つ玉」に関しては、本講座の第7巻「フェイクパス編」の中で
一度「四つ玉の手順・ノーギミック版」を解説いたしました。
その際、「今後、一般的な手順を取り上げる機会もあると思いますが…」
と申し上げた、その機会が今回来たわけです。

**********************************************************

マニピュレーション/ステージ・スライハンドの代表的な演目の1つであり、
現在でもサロン・ステージでマニピュレーションを志す方にとっては
基本となる題材です。

基本技法としてパームを使用しますので、そこに不安のある方は
本講座の第4巻「パーム編」もご参照ください。

また、第7巻「フェイクパス編」では上述したように
「ノーギミック版」の「四つ玉」手順をすでに取り上げております。
そちらも参考になさってください。

ちなみに、この7巻の手順では、一般的に四つ玉における
重要な「タネ」とされる「シェル」を使っていません。

シェルという「ギミック」を使わないから「ノーギミック」という意味です。
タネの部分ですからどこまでご説明していいか難しいですが
四つ玉ではこのシェルが大変重要な役目を帯びます。

ノーギミック版の手順は、これはこれで利点もありますし
悪いわけではないのですが、その意味では、どちらかと言うと
「変り種」に属する手順であり、四つ玉本来の面白さや良さを
十二分に含んでいるとは言えません。
今回は、より本格的な手順を多数、じっくり解説いたしますので
ぜひご堪能いただきたいと思います。

シェル1個、ボール3個の「組合せ」が、四つ玉においては
「基本セット」となります。今回もまた複数の手順を解説していますが
ボールに関してはこの基本セットで行える手順のみを収録しています。

**********************************************************
四つ玉の基本原理は、シェルにあります。

このシェルの存在こそが、四つ玉の最大の特徴であり
だからこそ、その「原理」を考え出したド・コルタを四つ玉の
「開祖」「始祖」としているわけです。

シェルを用いることで、全く1個しかないボールを目の前で
2個に増やしてみせることが可能になります。
「逆もまた真なり」で、玉を跡形もなく消す(減らす)こともできるわけです。

また、ある程度「四つ玉」を手がけられた経験がある中で
「シェルを使わない手順」を試された方はお分かりになると思うのですが
本当にボールを4つ持っているというのは、限界ギリギリ。余裕がありません。
満杯、ある意味「いっぱいいっぱい」の状態です。

シェルを用いることで、ボール1個分の体積的な余裕
スペースが生まれるため、この「手一杯」感、「手に余る」感じが
だいぶ緩和され、手順を「動かしやすく」なります。

この1個分の空間的余裕を、ワンアヘッドの原理や
パームテクニックなどと組み合わせて上手く活用し
巧妙に手順を組み上げていく、これが四つ玉の醍醐味なのです。

ですから、四つ玉の用具に関しては、一般的なセットで構いません。
お持ちの方は、それをお使いください。

カタヤマ氏は、大きめの玉を推奨しています。
指を締め付けて押さえ込まなくても
指間に「はまって」落ちなくなるくらいが良いそうです。

滑りづらい「シリコン製」の四つ玉を、商品としても取り扱っております。
カタヤマ氏推奨のもので、シェルもシリコン製です。
お持ちでない方は、ぜひそちらをご利用ください。

********************************************************

なお、基本手順・応用手順以外に、発展手順として
「ケーンとボールの手順」も解説しております。
冒頭にバニシング・ケーン、クライマックスに
アピアリング・ケーンを組み込んだ演技となります。

このため、今回のDVDには、ケーン用具の基本的な使用法
取り扱いかたの解説も、収録しております。

カタヤマ氏の演技映像をご覧いただければ
皆さんもきっと演じたくなることでしょう。

四つ玉だけでは地味になりがちな演目ですが
シルクも絡め、ケーン(ステッキ)を使ってこのように組み合わせて
フレーミングすると、俄然、大舞台で映える見栄えの良い演技となります。
ぜひ、ご研究くださいませ。

「四つ玉」だけでなく「ケーン」の基本的な取り扱いも学べる、お得な一巻です。
「ケーン」に興味をお持ちの方も、ぜひご覧になってみてください。


********************************************************
第11巻:本格スライハンド 四つ玉編
********************************************************


■四つ玉について

●基本技法のおさらい
■フィンガーパーム
■クラシックパーム
■ローリング
■フェイクパス
■フレンチドロップ

●ステップ1 基本編
■シェルとその扱い方
■シェルによるボールの増減
■シェルへのロードとスチール
■見せ方と立ち方


【手順1】 四つ玉 基本手順
■必要なものとセット
■手順
■テーブルを使わない方法
■減少していくボール
■シルクになるエンディング


●ステップ2 応用編
■シェルのあらため


【手順2】 四つ玉 応用手順
■セット
■第1段:1個から4個に増えるボール
■第2段:4個が一瞬で1個になり再び1個ずつ出現
■第3段:右手4個が1個になり左手で一瞬に4個になる


●ステップ3 発展編


【手順3】 (発展手順) ケーンとボールの手順
■必要なもの
■バニシングケーンの扱い方
■アピアリングケーンの扱い方
■ケーンの回し方

■準備
■第1段:ケーンがシルクになりボールが現れる
■第2段:シルクによるボールの増加
■第3段:両手でのあらため
■第4段:4個が2個になり一瞬で4個にもどる
■第5段:4個が一瞬で1個になり一瞬で4個にもどる
■第6段:ボールが増え続けて最後にケーンになる

■おわりに

━…━…━…━…━…━…━…━…
■【ステージマジック基礎講座11】ショーにおける手順の構成

前回は、個別の作品としての「ルーティーン」の考え方を紹介しました。
今回のテーマは「ショーにおける手順の構成」。
個々の作品を積み上げて1つのショーを構成する
より大きな意味での「ルーティーン」ということになります。

「起承転結」の重要性など、よく言われることではありますが
なかなか実際に行うと難しいものです。
この講座で学んできた作品を実例として挙げているために
具体的で分かりやすい説明となっています。お楽しみに。

聞き手:眠都(ミント)
 


手品道具通販専門店I−MAGIC 1500点以上の品揃え 欲しいマジック用品はここにある!

ご案内:   I-MAGICは、世界の最新マジックアイテムに日本語解説書をお付けして、手ごろな価格と充実したサービスを目指しています。
満足のいただけるマジック(手品)とマジックアイテム(手品用品)を皆様にお届けいたします。

HOME ◆  利用案内 ◆  お買い物かご ◆  ポイント ◆  注文照会 ◆  リンク集 ◆  お問合せ

Copyright © 2008  I-MAGIC  All Rights Reserved    個人情報保護ポリシー   特定商取引法表示